大きい容量から、小さい容量のHDDやSSDに、まるごとクローン(コピー)しました。
大きい容量から、小さい容量のHDDやSSDに、まるごとクローン(コピー)しました。

私の場合
HDD750GB→SSD480GB
HDD500GB→SSD480GB


製品を買い集めてクローンしてみましたが
やはりコピーを受ける側
コピー先の容量の小さいと、ハードだけでのクローンができませんでした。

使った製品
玄人志向 KURO-DACHI/CLONE/U3

又は、
玄人志向 KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3

しかし、ソフトを使ってPCから上記の機器に繋げて操作したら簡単にクローンが作れました。

コピー元のHDDはPCの中で
コピー先をKURO-DACHI/CLONE/U3 にHDDを差し込んで行います。

※下記のサイトでの説明で私が付け加えるとすると

コピー元のパーティションD:を削除して
パーティションC:だけにして容量を大きくしておくこと

コピー先のHDDやSSDはフォーマットしていること


※フリーソフト操作で
特に重要なのが
コピー元を左上にチェックをいれ→次

コピー先のターゲットを指定するときに
左上にチェック入れてから
右付近に 編集 と、表示されますので
編集をクリックして編集します。

最初は編集の操作などの意味がなかなかわかりませんが
焦らずカーソルをスライドすると
各パーティションの枠の端にカーソルを合わせるとスライドできるつまみが出ます。
そのつまみを理想の容量に変更しましょう。

C:以外は基本容量に合わせて少なく設定します。

※調整したら真ん中付近を摘まんで左に寄せます。重要

C:のパーティションを広げる
更に広げられますので
焦らず容量を変更してください。

クローンした後にパーティション変項はできないものが多いので
ここでしっかり調整した方がいいです※

※色々試した結果
ハードだけでまるまるクローンするより
このソフトと、このハードでクローンしたほうが
完璧にクローンが作れます。
ハードだけでしたらむらができて、クローン後の修正作業が思い通りにいきません。
同じ容量ならハードだけでまるまるクローンならお薦めします。

では、言葉足らずの注意内容を頭にいれてイメージして
こちらの、サイトをみてクローン操作して下さい。
http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/easeus-todo-backup.html
(^^)v
1


ブックマーク|教える
訪問者3460人目




©フォレストページ