血と硝煙と涙声


おやおや、扉を開けてしまわれたか。


本に仕方のないお方様。

入ったからにはその御身。

只では返せませぬわぇなぁ。

妾?

妾は玉麼時雨。

しがない書き師でございます。

文豪の迷い犬達の世界を作らせていただいております故。

以後、御贔屓に。

はじめまして
軌跡
玉麼時雨の御霊屋
本棚
意見板




ブックマーク|教える

訪問者3146人目

最終更新日 2016/05/29




©フォレストページ