二次創作(マジカ★マジカ)

□魔蟲姦-陽菜編-
1ページ/1ページ

異形達が住まうな魔空間……そこには現在、拉致され閉じ 込められた少女と蟲が異常に変化した、魔蟲達のみが存在 していた………

魔蟲は本能のままに、彼女を襲う

陽菜「きゃああ!?」

陽菜の前には、本来なら親指程の筈の虫が、自分と同じ体 長に変化した魔蟲がいた

魔蟲「………!」

まるで、雌の甲虫を巨大化したような魔蟲に覆い被され、 口から不気味に滑る管を、陽菜の口内に押し入れようと擦 り付け始める

にちゃ、ぬちゅ

陽菜「いやっ!?」

口を固く閉じ、顔を背けて必死に抵抗する

魔蟲は尻から、滑る生殖器を出すと、陽菜の太ももに擦り 付け、刺激する

ヌロォ、ぬと、ぬちゅ

陽菜「ひゃああ!?っんぶぅ!?」

刺激により、一瞬声を出した隙に魔蟲は管を口内へと押し 入れた

じゅぷッ

陽菜「んぅう!?っぶぅ、んぐっ!?(いや、気持ち悪 い!何、この管……!?)」

そして、魔蟲は管から雌を欲情させる特殊な粘液を分泌さ せ、流し込んでいく

ドロォ、ゴボッ、ドロ、ヌロ、ドロォ

陽菜「んぅううっ!?(うそ、何か流し込んで来てる!? やだっ、こんなの飲みたくない!でもっ、もう口の中が いっぱいで……苦しいッ!!)」

グチュ、ゴブン、ンク、ゴク

流し込まれてくる液体に口内の許容範囲が越え、魔蟲から 流し込まれる粘液を飲み込んでしまう

陽菜「あぶっ、んっ、んぐっ、ゴク、んぶっ、ぅう!? (ぅう……こんな大きな蟲の気持ち悪い何かもわからない液 体を飲んじゃうなんて………)」

あまりのショックに、嫌悪感を遥かに越え、変わりに絶望 感に支配される

が、その絶望感は、直ぐに別のモノへと変化を始める……

陽菜「…っぅう………///(あれ……?何か頭がぼぉーとし て………///それに、体が火照って///一体何を……?///っ ………これって………まさかっ!?///)」

ビリリッ

魔蟲は足を使い、ブラごと破り取ると、生殖器を伸ばし、 陽菜の形が良く、すべすべとした豊かな胸の間に挟む込む

にちゅ、むにゅ

陽菜「えっ……?///何を………///」

体を媚薬が蝕み、満足に抵抗する事が出来なくなってし まった陽菜は、魔蟲にされるがままになってしまう

魔蟲は陽菜の腰の辺りに、中の足二本を回ししがみつき、 体を安定させると、前足二本で巨乳を押さえ、パイズリさ せるように生殖器を擦り付ける

にちゅ、むに、にゅる、うにゅ、むにゅ

陽菜「そんな……///胸で挟んで擦り付けないでくだ さ………っぁぅ///ぬるぬるが、胸の間でびくびくってして る///」

だが、その胸の間でびくびくと蠢く生殖器が、快感になり 始める

魔蟲は、羽の隙間からグロテスクなミミズのような触手を 出すと、陽菜の脚に這わせ、下着を溶かす

陽菜「ひゃぁん///脚に触手が這って、んぁっ!?///そ んな、そこは……///」

脚の汗や下着の繊維、体液を吸収した触手は、グチュグ チュと不快な音をたて粘液を分泌させ始めた

触手は、太ももを伝い粘液を擦り付けながらスカートの中 に潜り込むと、陽菜のお尻を撫で回すかのように這いずる と、媚薬粘液を馴染ませながら尻穴へと、にぢゅ、にぢゅ と音をたてながら、侵入していく

にぢゅ、ぬぢゅ、にぢゅ

陽菜「っああ、お尻に………そんな恥ずかしい所に………っ 入って来ないでくださいっ///」

そう言いつつも、未知の快感に体は悦び、身を震わす

そして、強制的に行われていた筈のパイズリは、陽菜自ら が手を使い、魔蟲の生殖器を挟み、左右を不規則に動か し、積極的に・・・愛するモノに奉仕するかのような形に へと変化していた

むにゅ、ズリュ、もにゅ、ぬちゅ

陽菜「………っ///(私、自分から蟲の生殖器に………こう言う のって、確かパイズリって……///私もう、ダメですっ……… 体が蟲を………雄を求めて、疼きが止まらない……///)」

パイズリしながら、生殖器の先端を舐め、終いには、雄を 欲する雌の本能のままに、口に含み、舐めながら吸い付 き、魔蟲の生殖器を貪り味わう

陽菜「ん……れろ、れろ、ペロッ、はぁ……蟲のおチンポ美 味しい///んちゅ……ちゅ、くちゅ、ちゅっ、れろ、ちゅ、 ちゅる、っちゅ、ぢゅる、ぢゅるる………///ちゅぱ、ぢゅ るっ、ちゅ///」

舐める度に、パイズリにより刺激された生殖器の先端から は、媚薬粘液が滲み出し、陽菜はそれを悦んでしゃぶり貪 る

陽菜「んぐっ///っちゅ、ぷちゅ///っちゅうう///(先輩 以外に………蟲に対してこんな事………でも、こんな素敵で逞 しい雄に………逆らえない///ぁあ、早く………したい///早 く1つになって交わりたいですぅ///)」

にぢゅ、ぢゅる、グチュ

その間も、尻穴は触手により犯され、快感に悦び喘ぐ

1つに「ちゅぱっ………///はぁ、はぁ………私と、交尾して 下さい///お尻だけじゃなくて、前にも……おマンコもじゅ ぼじゅぼ犯してください///」

陽菜はフェラチオを止め、巨乳で蟲の生殖器を挟んだま ま、頬擦りしながら言葉が通じるかも分からない魔蟲に対 し、懇願し始める

陽菜「お願いします、私に早く、あなたのこの素敵なおチ ンポをください///それで、ドロドロの精液をおマンコと 子宮にたくさん中出しして、種付けして………私をあなたの 雌にして下さい///」

甘えた表情と声で、魔蟲との交尾を懇願する陽菜

その言葉を理解したのか、魔蟲は生殖器を陽菜の濡れた秘 所にあてがう

ぬちゅ………

陽菜は滑る魔蟲の胴体に両腕を回すと、腰を動かし、あて がわれた生殖器に自らの陰部を擦り付ける

ぬりゅ、くちゅ

陽菜「あぁ、はぁ、んぁ、ください///この素敵なおチン ポを、あなたの雄の魅力でグチュグチュに濡れた、私のお マンコに入れて、ぐちゃぐちゃに犯して可愛いがって下さ いぃ///」

魔蟲はゆっくりと確実に陽菜の陰部に生殖器を入れると、 グチュ、グチュと淫らな音をたてながら犯し始めた

ズリュ、ズチュ、グチュ、ズチュン

時にゆっくり、時に激しくと雄が雌を犯し快楽を味わう本 能のままに、目の前の雌と化した陽菜を犯す

陽菜「んぁあ、あなたのおチンポ、気持ち良いっ……で すぅ……っはぁん///子宮まで届いて、じゅぼじゅぼ突いて ますっ///」

陽菜は完全雌となり、本能のままに、雄を受け入れ、快楽 を貪り味わう

ズチュ、グチュん、ズブブッ

尻穴を犯す触手と生殖器が融合し、二つになった生殖器で 陰部と尻穴の両方を犯す

陽菜「っはぅん///お尻の触手もおチンポにぃ///オマン コとお尻、同時に犯されるの気持ち良いですぅ///」

両足も両腕同様に、魔蟲の胴体に回し絡ますと、口からだ らしなく涎を垂らしながら、雌の悦びと快感に悶え喘ぐ

魔蟲と陽菜の交尾は激しさを増し、いつの間にか、魔蟲が 舌のような器官を出しており、陽菜はそれを自らから口を 開け、口内に受け入れ、舌器官を舐め、吸い付き、ディー プキスするかのようにしゃぶり、絡ませあう

陽菜「んぅう、ちゅ、くちゅ、れろ、ちゅぱっ、ちゅる、 ぢゅるる、ぷはぁ///もっと、ちゅ、ペロッ、キスしたい です、くちゅ、ちゅっ、れろ、ぢゅるる///っはぁん……… あなたのおチンポも、ぬるぬるの媚薬粘液も、とても美味 しくて、素敵ですっ///ぁんっ///ひゃあっ、オマンコっ ………激しいですぅ、ぁあ…ぅん、ちゅ、くちゅ///」

ディープキスしながらも、腰の動きの激しさは衰えず…… むしろ淫らなキスに、更に雄と雌は高ぶり、腰の動き…… 人と蟲の交わりが激しさを増していく

ずちゅ、ずぽっ、ぐちゅん、ぢゅぷんっ

陽菜「ちゅぱっ、はぁ、はぁ///ダメッ、私、もうイッ ちゃいます///蟲の雄に犯されて、種付けされて、雌にさ れちゃいますうぅっ、んはぁあああ///」

びくびく、ビクン、ビュク、ドビュ、ビュルルッ

魔蟲と陽菜は激しい交尾に絶頂し、陽菜の膣と尻穴、子宮 には大量の濃い蟲の精液が射精された

陽菜「はぁ、はぁ、っはぁ、はぁ///」

味わった事の無い激しい蟲……人外との交尾に陽菜は息を 乱し、絶頂の余韻に浸っていると……

ギチュ

雄の魔蟲が陽菜から離れた………そして、その後ろには、一 回り大きく身体中から甘く蕩けるような臭気を発し、口や 身体中至る所からドロドロとした媚薬粘液を滴らせている 魔蟲がいた

更に、腹部には蠢く卵を持っていた

陽菜の雌の匂いを嗅ぎ付け、胎内に卵を産み付ける為に現 れた

陽菜「私に………蟲の卵を……///」

一瞬戸惑うも、大量に擦り込まれ、飲まされた媚薬粘液に 加え、発っせられている強力な催眠淫効果を持つ臭気によ り、魔蟲に中出しされた精液が溢れている陰部を自ら晒す ように拡げ、魔蟲に向ける

陽菜「はぁ、はぁ……下さい………///たくさん、私の子宮に 卵を産み付けて下さい///」

魔蟲は陽菜に覆い被ると、管を陰部に入れると、ぐちゅ、 ずちゅ、じゅぼっ、と犯し子宮を突きあげながら入口に管 を挿入させると………ぎゅぷッ、ボコッ、ぐぎゅちゅっ、 じゅぽんっ、と魔蟲の精液で種付けされた子宮内に卵を産 み付け始めた

陽菜「ひゃぁああっ///」

蟲に卵を産み付けられただけで、陽菜は再び絶頂に達し、 気を失ってしまった

次に陽菜が目覚めると、そこは魔蟲達の巣穴………

目の前には、雌に飢えた雄の魔蟲達……

陽菜は恍惚の表情で魔蟲達の生殖器をフェラチオ、パイズ リ奉仕をし、陰部や尻穴も全て捧げ、魔蟲達の雌……更に は苗床と化し、
永遠に快楽と雄を味わう魔蟲達の雌奴隷へ と完全に堕ちてしまった………

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ