Novel

□エピローグ SHINside
9ページ/9ページ



「ほんとにごめんなさい!」

「レオ君もうあやまらなくていいよ。ちゃんと自分から返しに来たでしょう」



「ヤマトの近くの島に宝が眠ってるっていう伝説があるんだな」

レオの視線の高さまで屈む。

まっすぐに目を合わせると、

「はい。島の長老が言ってました 確かにその島には宝があるって」

揺るぎない答えが返ってくる。


ヤマトの美術品は精巧で珍しい物が多く、伝え聞く有名なものは少ないが、まだまだ知られていない逸品も多いだろう。

詳しく調べる価値は大いにある。


「わかった。旅をしながらその島について調べてみる」

「え?」

レオが目を丸くする。

「そしてもし宝が見つかったら、それをトゥーラ島のために使うと約束しよう」

「シンさん…!」

レオにぎゅっと抱きつかれた。

「だからお前も挫けず生きるんだぞ。大事なものを守れる強い男になりたければ、しっかり知識をつけて、ちゃんと大きくなれ。」

「は、はい!」







●●と帰り支度をしていると、

「帰るのか?」

ロイが湧いてきた。

往来で裸になったせいか、若干鼻声だ。


「ああ。今から港にむかう」

「モルドーに残るのか?それとも船に戻るのか?」

「船に戻ることにした」

「ふーん…じゃあその子だけ置いてくってのはどうだ?」

「馬鹿かお前は。愚問だ」

まっすぐ睨みあう。

「仕方ないだろ。真珠ちゃんが振り向いてくれないんだから!どうしても手に入れたいんだよ!」

「あいにく俺もコイツじゃなきゃ駄目だから」

「フン、かっこつけやがって!!」

「まぁ、コイツも俺じゃないと駄目だしな」

ボッと火がついたように赤くなる●●の腰に片手を廻して、引き寄せる。

「う、うらやましくなんかないぞ!!むっつり眼帯!!」

「お前には100万年たってもわたさねーよ」

「そうかわかったよ。諦めりゃいーんだろ
真珠ちゃんのことはきっぱりと・・・」

「ぎゃあ!」

俺の反対側から、ロイがべろーんと●●の頬を舐めた。

「諦めてたまるか〜!」


カチャリ

俺は銃を構えた。

「選択肢をやるよ
イチ、俺に撃たれる 二、俺に殴られる」

「うーん。強いていえばどっちもイヤかな〜。っくしゅん!」

ぽか

「いって!」

「二番にしてやったんだから感謝しろ。●●、とりあえずコレで頬を念入りに拭いておけ。後で殺菌消毒が必要だな」

チーフを取り出し、●●に手渡す。

「病原体みたいにいうな!」

「病原体以外の何モノでもねーだろ。チッ、ロイの相手は時間の無駄だな。行くぞ」

「はい!」



「クッソ〜!!真珠ちゃんまってろよ!
今度こそ身体じゅう嘗め回しにいくからな」

背後から気色の悪い宣言が飛んでくる。

「かんべんしてください〜」

「トム、コリン!行くぞ!」

「行くってどこにいくんでやんす」

「決まってるだろ。シリウスの船が向かう方角だ!」

溜息をついてから●●と顔を見合わせる。

「あいつら、一生俺達についてくる気かよ」









「そうか。ヤマトの近くにそんな島があるのか。行ってみる価値はありそうだな」

船に戻り、レオから聞いた話を船長に伝える。

「シン。お前はモルドーに残らないで後悔しないのか?」

「船長も優秀な航海士が居なくなったら困るでしょう」

「わっはっは!お前の言うとおりだ!」

船長が俺と●●の肩を抱き寄せた。

どの道が正しいかなんて解らない。

だが何を選べば後悔しないかを俺は知っている。






「ファジーなんて二度と●●に会えないんじゃないかって夜泣きしてたんだぜ。プギーってな!」

ハヤテが目を腫らしたファジーをからかう。

ファジーは俺達の姿を見るなり飛びつき、強烈なタックルをかましてきたから、●●を庇った俺は圧迫死するかと思ったほどだ。

「あ、あんただって赤ん坊みたいにギャン泣きしてただろーが!」

それは珍しい。

「バーカ!だ、誰がギャン泣きなんてするかよ!」

「うそつくんじゃないよ!無駄に胸元開けやがって、このセクハラおたんこなす!」

「相変わらず仲が良いですね」

●●は嬉しそうにハヤテとファジーに笑いかけた。

「「はぁ?!どこが?!」」

二人の返答がぴったりと揃ったのは、俺も思わず笑いがこぼれる。

鬱陶しいほど騒がしくて、

ああ、シリウスに帰ってきた、って気分になる。







「よしお前達!ヤマトの方角に向かって出発だ!」

船長の指示に、全員船へと向かう。

「了解です!●●さん、シンさん、おかえりなさい!」

「トワ君、ただいま!」

「さぁ、皆で船に乗ろうか」

ドクターの言葉に俺は頷く。





船に乗り込み、操舵へと向かう俺の視界にはいったのは●●とナギの姿だ。

「ナギさん!これからも厨房でこき使ってくださいね」

「やっと本物の笑顔が戻ったな。お前は辛い時や寂しい時ほど無理して笑うだろ」

「ナギさん…」

良い雰囲気にも見える二人の会話を、ナギの表情が直ぐに曇るだろうことを知っている俺は、少しの優越感をもって眺める。



「俺は自分の目ざとさが恨めしい…」

「はい?」

「首にキスマークついてるぞ。しかも三つ」

「み、三つも?!」




「シンめ、お前に近づくなって警告だな」

ナギがバンダナを外して●●に渡す。

「ほら、さっさと巻いとけ」

「ありがとうございます…」

ナギは●●の頭にぽんと手を置いた。

「これからもコキ使ってやるから」

「はい!」

久々の再会だ。

●●の笑顔に免じてそれくらいは許してやろうと、俺は船を出す。








「もうモルドーは見えなくなったな。当分戻ることはないだろうな」

俺の言葉に●●は心配そうにたずねる。

「後悔してる?」

「いや、してねーよ」

「ただ、モルドーを離れるのがこんなに寂しいとは予想してなかった」

「寂しくて当然だよ。だってモルドーはシンさんの故郷だもん」

俺を元気づけようとしたのか、●●は背伸びして、唇にチュッとキスをする。

「プっ…あいかわらずヘタクソだな」

「いいもん!これからもっと上達するから。シンさんが参りましたっていうくらいうまくなるんだから〜!」

「ハハッ。期待しないで見ててやるよ」

「●●」

急に伝えたい気分になって、俺は●●を両手を握りしめ、引き寄せた。

腕のなかにすっぽりと収まる小さな身体。

それだけを守り、抱えて。

この命が尽きるまで共に生きていく。

随分と単純で理想的な答えがストンと自分のなかに落ちてくる。





「お前は俺が甘えられる唯一の女だ」

「うん」

「これからも絶対に離さないからな」

「うん。私もシンさんの事離さないよ。絶対に!」

●●の笑顔はいつも、一筋の光のように心強い。

「それでこそ、俺の惚れた女だ」












fin.





次の章へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ