Novel

□エピローグ SHINside
7ページ/9ページ



二人して顔を見合わせる。

「ロイ船長!?」
「ロイか」



「なんだ、俺を呼んだか?」

名を呼べばどこからともなく沸いてきたロイの腕を掴む。

「おい!何するんだ!痛いじゃないか〜!このむっつりスケベ野郎」

「いーからネックレスを出せよ」

「はあ?ネックレス?」

ロイはとぼけた様子で俺を見る。








「どーする?パンツの中も調べるか?」

「…」

ロイが往来で上半身裸になっている。
視界に入るだけでも気持ちの悪い光景だが、肝心のネックレスは出てこない。

「何度でも言ってやるよ!俺は、ネックレスなんが盗んでない!そのかわり、真珠ちゃんのハートは盗んだけどな」

ロイはドヤ顔でポージングを取った。

「全く盗まれてませんから!」

ロイじゃないとすると…





「ごめんなさい」

その時、背後から震える子供の声が聴こえた。

「レオくん?!」

「僕がネックレスを盗んだんです。でも、やっちゃいけないことだって気付いて…それで…」

「ネックレスを返しに来たのか」

「はい」

目に涙を浮かべて唇を噛みしめている。





「おいクソガキ!この俺様がこんな街中で裸にまでなったんだ。ショックで下痢になったらどーしてくれる!」

「ごめんなさいロイさん。僕…」

「う!お腹痛くなってきたぞ〜!真珠ちゃんに温めてもらわねーと納得いかんっ!」

ロイは大げさに腹を抱えて痛がるフリをする。

「世の中のためだ。下痢で死んでろ」

ロイのクサい演技に騙され、心配そうにロイに近づこうとした●●を阻止する。

「酷いなむっつり眼帯!往来で無実の人間の貞操奪っておいて〜!お婿にいけなくなっちゃう」

「日頃の行いのせいだろ。とっとと服着ろ変態」

「脱がせたくせに〜!」

「気色悪い言い方をするな」

ロイがピーピーと喚いてるのを横目に、俺はレオの肩を掴んだ。

「おまえ…そんなに金が欲しかったのか?」

「僕はどうしても故郷のトゥーラ村を救いたくて。あの島は僕だけじゃなく、みんなが貧しさに苦しんでます」

「ネックレスひとつで島が救えると思ったのか?」

「船を買う資金にしたかったんです。島の長老から聞いたんです。ヤマトの近くの無人島に、お宝が眠ってるって。そのお宝を見つければ島を救えると思ったんです」

「おまえ、船を買って一人で宝さがしに出かけようと思ったのか」

レオがまっすぐに俺を見る。

「誰ががトゥーラ島を救わなきゃいけないんです」

小さな身体に秘めた無謀ともいえる正義は、物心ついた頃に初めて海賊の本を手にして感じた感情を、俺に思い出させた。

海賊が正義なんて滑稽だが、俺にとって自由に生きるその姿は何よりも真っ当な道に思えた。

お宝さえ手に入れれば、自分の大事な人達を護れる―そう、思っていた。











翌朝

「いいから着ていきなさい!」

「イヤですよ!なんでわざわざそんな恰好…」

「エマが喜ぶでしょーが!シン、私の言う事がきけないっていうの?!」

「ただの墓参りですよ」

「違うでしょう!エマに大事な報告をするんでしょう?正装していきなさい!」

シスターは何処から取り出してきたのか、綺麗にしまわれていたオヤジの制服を俺に押し付けた。白い軍服だ。

俺は渋々制服を受け取る。







「ほんと、あのシスターにはかなわねーな」

「シンさんの軍服姿カッコよすぎるっ!!」

●●は瞳を輝かせて俺を見上げる。

「サイズはちょうどピッタリだな」

「シンさんもお父さんも背が高いもんね!きっとお母さんも喜ぶよ」

「ま、だといいけどな。お前もその白いドレス似合ってるよ」

「これはファジーさんに初夜…」

「ん?ファジーがどうした?」

「うああああ"!何でもないです!」








オフクロが初めてこの村でオヤジと出会った丘。そこに墓はあった。

「すごい見晴らしのいいとこですね」

「ああ、オフクロはこの丘からの景色が好きだったんだ」

持ってきた花を添え、目を閉じて胸に手をあてる。

どこから話すべきか迷いながら、まずは長い間訪れられなかった事を詫びた。

オヤジを追い、刺し違えてでも恨みを晴らし、この村に戻ってくるつもりがなかったことも正直に告げた。

だが仲間に出会い、愛する女に出会い、父とわかりあえたこと。彼らと共に王族の宝を発見し、ウルの人達を救おうとしてること。

今考えていること。
全てを話した。

●●は何も言わず、じっと俺の隣で微笑んでいる。


「オフクロはよく俺に言ってたよ。どんな職業についてもいい。ただ自分のためじゃなく、人のために働けって」

「人の為に?」

「ああ。昨日一晩かけてじっくりと考えた」

「ウルの人達にはオヤジがいる。それにウルの王族の遺した宝もある。でも苦しんでいる人はウルだけじゃない、世界中にいるんだって」

「私も同じこと考えてました」

●●がぎゅっと俺の腕を握りしめる。

「私の力はちっぽけでも、何もかもはできないけど、何かはできるって。苦しんでる人達のために何かをしたいって。シンさんと一緒なら、きっと私、絶対!持ってる以上の力が出せて、何でも出来る気がします!」

「さすが俺の選んだ女だ」

「シンさん」

互いの身体に腕を廻し、抱き寄せ、抱き締める。

「俺はシリウスの船で旅を続ける。お前も当然ついてくるよな」

「はい!」






次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ