肩にかかった花びらは、



肩にかかった花びらは、
知らぬ間に落ちていった。

そこに哀しみの色を映す事もなく、
ただ落ちることが役目のようにひっそりと。


あなたは19106人目の同士様

キリ番かなーって思ったらリクエストどうぞ!設定はしていませんので、ご自由に!



いらっしゃいませ、こちらは妄想を凝縮させた文章サイトです。

*同人、ナマモノを扱っています。
腐女子やBLが苦手な方はお帰り下さい。
*公共の場での閲覧、中傷などは控えるよう願います。



.●●
はじめに

作者のプロフィール

下町

世紀の大泥棒

その他妄想

日記

履歴




ブックマーク|教える
最終更新日 2015/03/13




©フォレストページ