□笛吹男のネズミ取り
1ページ/10ページ


 ハーメルンという街があった。
 毎日のように市場は活気に溢れて、いつも賑わいがたえなかった。

 そして今から話すのは、1482年6月26日、ハーメルンから子ども達が消えた「ハーメルンの笛吹き男事件」である。


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ