□青き伯爵
1ページ/15ページ


 その日は嵐だった。
 雨は降り、風も吹いている。

「キャァァアアア!!」

 丘の上の古城で悲鳴が聞こえた。

「アハハハハハハ!!」

 続けて男の笑い声も聞こえた。
 嵐のせいか町の方までは、その声は届かない。
 嵐がなくとも距離的に届かないだろう。
 そして、悲鳴は途絶え、笑い声も途絶えた。


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ