少年漫画

□ちゅーする悪魔
1ページ/2ページ




「ちょっと、ミホーク起きて」
「もう起きている」



相変わらず半裸で、ゆっくりと体を起こすオッサン。年齢差は激しいが…私の彼氏だ。

七武海と一般人が付き合うなんて!と、ガープという人(これまたオッサン、というかおじいちゃん)に突っ込まれたそうだが、ミホークは気にしてなさそうだった。


「おはよう」
「おはよう」



彼は私の長い髪を掬ってそれに口付けると、そっと笑った。
いつも、そう。

彼は1日最低10回、私にキスをする。ミホークなりの愛情表現みたいだからすごく嬉しいんだけど、困ったことに人前でキスしてくるのだ。
ついこの間、ピアスをつけた緑髪の青年(ミホークお気に入りの剣士だろう)が訪れたときだって、何回キスされたんだろう。



「考え事か?」
「うん」
「…何を考えていた」
「言わなーい」




またこのパターンだ、とでもいうように、彼はため息をつく。


「隠すな。隠していても分かる」
「…ミホークはキス魔だなって考えてた」
「接吻ほど大切な愛情表現はない」



何それ、と笑う私は、ミホークにぎゅっと抱き締められた。

…ミホークのせいで暑いような気もする。



「悪いか」
「悪くないよ。ただ…面白いなって思って」
「じゃあ、何がいい」



金色の瞳が、静かに揺れた。

この瞳に見つめられると、何もしてないのに恥ずかしくなってしまう。これが、七武海なのだろうか。



「もっと、別のキスがいい」
「そうか」



私の唇とミホークのそれが重なる。啄むようなキス。リップ音で耳が侵され、何も考えられなくなった。息が苦しくなって開けた口から舌が割り込んでくる。



「ん、…!」
「毎日これがいいか?」



離れていくミホークの顔。余裕という二文字が似合っていた。息はまったく乱れてない。




「毎日したらおかしくなっちゃう」
「では毎日こうしよう」
「だ、駄目!」



駄目だ、完全にからかわれてる。




「冗談だ」


ミホークはもう一度布団に潜った。

「もう一眠りする」
「また寝るの?」







ちゅーする悪魔

(…キス魔だからな)(理由になってな〜い!)(お前もだ)(きゃっ!)



アトガキ→
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ