離婚の財産分与
離婚の財産分与について
離婚の財産分与についてですが、離婚をする際に結構もめることの一つとして、離婚の財産分与があげられるといわれています。
離婚の財産分与に当たる物事には例えば、住宅などの資産や預金なども含まれてくると思います。
離婚をするときに夫名義の住宅があったとしても、離婚の際に妻に名義を渡すのか、それとも現金として渡すのかなど、
いろいろとトラブルの元になるのが、この離婚の財産分与ですね。やはりお金が絡んでくるとスムーズに離婚ができなくなるということはあるようです。
特に離婚の財産分与といった少しややこしい案件の場合には弁護士さんに間に入ってもらって、離婚の財産分与をした方がいいのかもしれませんね。
離婚の財産分与の口約束は危険ですから離婚協議書などを作成して、離婚の際にどれだけの財産を分与するのかということは明確にしておいた方がいいでしょう。
しかし離婚協議書は公的なものではなくて法的効力もありませんから強制執行させる力がないので、それでも心配だという人の場合には、
離婚の際に公正証書に離婚の財産分与についても書いて残しておくというのが大切なことかもしれませんね。
離婚の財産分与でトラブルにならないためにも、自分たちだけで話を進めないで弁護士に相談した方が無難です。


ブックマーク|教える
訪問者283人目




©フォレストページ