紅柏餅



唇に唄を咲かす

少年はいつしか花に
光へと上向く

ティナは一羽の鳥に
美しく誇る

歌姫の声絹の尾鰭

波は浚い海に染める

ほころぶ手のひらに

鮮やかに笑ひて











松田かしわがお送りする
紅柏餅と書いてクレナイカシワモチへ
いらっさいましー。


小説と詩がメインです。


ゆるゆるどうぞー。




◇◆◇◆◇
はじめに
かしわのこと
まいにち
おはなし
はへんたち
いま

BBS
おてがみ





さようなら
なんて、嫌いだわ

あなたは言った

僕は頷いた

だから今、手を振るよ


きっともう話すこともない
笑い合うことも
まして手を繋ぐことなんて


だから、手を振るんだ

さようなら
は、言えない

またな
を言う勇気も無い

だからせめて
手を振らせて


どうかまた
次の世界で。


また出逢えるから、







◇◆◇◆◇

またいらして下さいましー。


ブックマーク|教える
訪問者299人目




©フォレストページ