見上げた空



私にはもう

闇しかそこにはない

大切なもののためなら

私はどんな事でも

耐えてみせる。

私には光は眩しすぎる…

だから…


私に関わらないで…

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ