立海ぶっく

□彼も所詮人間
1ページ/1ページ




「すごいね、雪。」

「そうじゃの。」

「去年はこんなに降らなかったよね。」

「じゃが、寒いけぇそんなに降らなくてもよか。」



雅治の家に遊びに来た私は、暖房で暖かい部屋の中から外を見ている。来るときは降ってなかった雪が、今はちらほらと降ってきて。窓を全開にして外へ手を伸ばす。



「冷たいね」

「当たり前じゃろ」

「雅治も冷たい!」

「俺は冷たくなか。とりあえず寒いけぇ窓閉めんしゃい。」

「はーい。」



窓を閉めると、すぐに部屋が暖かくなる感覚がした。すると身震いする私の手を引っ張って、雅治は自分の体の中に納める。重たいけど暖かくて、少し寄り掛かったら強く抱きしめられた。



「お前さん、重くなったのぅ。」

「それ女の子に言っちゃいけないと思うんですけど。」

「ククッ」

「笑うなー!」



軽く腕を殴れば、また笑って「暴力的な女は嫁に行けないぜよ?」なんて言ってきた。何で雅治はいつもいつも意地悪なんだろう。
そういえば、私達はあれから何も変わってない。四国に居たときも、雅治と一緒にこっちに来たときも、私達は変わらずこういう関係。



「まぁそういう時は俺が貰っちゃるけぇ、安心しんしゃい。」

「…バカ」

「バカとは酷いのぅ。」



小さい頃から何回もそう言われてたから何も思わなかったけど、よく考えればそれは“告白”で。バカって言いたいのは雅治じゃなくて、私に対して。



「本気?調子に乗っちゃうよ?」

「別に構わんぜよ。」

「…だったら初めから素直に言ってくれれば良かったのに。」

「言ったけど流されたんじゃ。」



え?と振り返ると、私の長い髪の毛が雅治の目に入ったらしく、雅治が痛そうに目を抑えていた。「ごめん」と反射的に言えば、苦しそうな大丈夫が聞こえてきた。



「次やったらお前さんの髪切るぜよ…」

「ごめんなさい。で、いつ私が流した?」

「小学ん時じゃ。」

「覚えてませんが。」

「キスもしたじゃろ。」



言われた瞬間、記憶がまさに走馬灯の様に蘇って。そういえば小学生の時にキスされたことがある。でもそれは、小さい子供同士のちょっとした遊びみたいなものだと思ってた。



「そんなの、わかるわけないじゃん。」

「俺は大真面目じゃったのに、お前さんが急に謝って帰ったんじゃろ。」

「よくそこまで明確に…」

「辛い思い出は忘れられんもんナリ。」



そんな私が悪いみたいな言い方しなくても良いのに、と言いたいところだが、これは私が明らかに悪い。雅治がそんなに本気でキスしてきたなんて、今の今まで全く知らなくて。



「ごめん…ね?」

「ちょっと可愛く言ってみても雅治くんの傷は癒えないぜよ。」

「ちっ」

「舌打ちしなさんな。」



折角可愛く謝ってみても雅治には通じないらしく、舌打ちのお仕置きなのか、こつんと一発殴られた。お父さんみたい。



「じゃあどうしたら雅治くんの傷は癒えるのかな?」

「名無しさんが俺と付き合えば万事解決じゃろ。」

「…え?」

「こんな良い男、そうそう居ないぜよ。」



どこが良い男?立海にも沢山良い男居るよ?なんて、言いたいことはいっぱいあったのに、私が言ったのはただ一言で。



「うん」

「本気にするぜよ?」

「それ、私さっき似たようなこと言った。」

「プリッ」



雅治はそう言うと腕に力を込めて、私を強く抱きしめてきた。「苦しい」そう言っても離してくれなくて、腕を叩けば更に強まる力。



「何なの」

「今すぐ雅治くんの深い傷を癒して欲しいんじゃが。」

「それは、その…」



告白しろって意味、そんなことわかってるじゃろと言わんばかりの沈黙が流れる。終いには早くしろという意味なのか、腕の力を更に強めてきた。



「好き…です、はい。」

「そんな言い方じゃと癒えないぜよ。」

「じゃあどんなんだったら言いわけ?」

「名無しさん、愛しとうよ。」

「っ、」



バカだった。そんなに目を見て真剣に言われるなんて思ってなくて、急に心臓が煩く音をたてはじめる。恥ずかしいから離れて欲しいのに、雅治は離れる気配なし。



「…愛しとう」

「っ、急に方言に戻すのは反則ぜよ…!」

「そんなの聞いてないもん。」



緩められた腕から抜け出すように雅治の顔を見れば、滅多に赤くならない雅治が耳まで真っ赤にしていた。


彼も所詮人間


(ところで、また髪に攻撃されたんじゃが。)
(き、切らないで…!)
(お前さん次第じゃ)
(っ!)



20100101.闇†風

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ