短編1

□6
1ページ/1ページ




*平+雛








「あ〜暇やなぁ………。」


「…………やらなきゃならない仕事は山ほどあるんですけどね……。」


「ん?なんや桃、不機嫌か?………はっはぁ〜ん、さてはあのガキんちょと喧嘩でもしたんか?」


「その言い方親父臭くてなんか嫌………。」


「ずばりその通りやろ?喧嘩したんやったらサッサとお前から謝ってこい。」


「なんであたしからですか!?」


「やっぱり喧嘩か。」


「ち、違いますっ!」


「お前なぁ…俺の斬魄刀なんやと思てんのや、逆撫やぞ?嘘ついても簡単に見抜けるんや。ましてやお前の下っ手くそな嘘なんか逆撫やなかってもわかるわ。」



「う……逆撫ぇ…。」


「呻くな、怖いから。」


「あたし達のは喧嘩じゃありません!」


「ほぉー、ほんならなんや?」


「ち、ちょっと意見が食い違ったというか、タイミングが悪かったというか……。」


「喧嘩やな。」


「違うって言ってるでしょうが!」


「せやけど逆撫がそう言うてるから。既にお前が謝りたいと思てるのも知ってるで。」


「こらぁ!逆撫!人の心を読むなぁ!」


「逆撫に罪は無い。」


「十分あります!乙女心に土足で踏み込むなんて!この無神経斬魄刀!スケベ!パッツン!」


「最後の俺ぇ!」


「斬魄刀と主は一心同体です!隊長も同罪なんですよ!むっつりスケベなんですよ!」


「おま、お前なぁ…、お前の飛梅かて、まぁまぁ底意地悪いで!俺らのこと獣みたいに思てるやろ!毛虫みたいに思てるやろ!」


「セクハラ発言が多すぎるからですよ!言っときますけどね、女性死神協会じやあ隊長は危険レベル4、京楽隊長の次にランクインしてますからね!」


「嘘やぁ!」


「嘘かどうか逆撫に聞けばいいでしょ!ほらほらぁ!」


「やめてぇ!」



























「仲…良さそうだな……。」
「隊長…帰りましょうか…。」










 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ